Googleアップデート:「ヘルプフルコンテンツ」がランキングに与える悪影響の可能性(およびその修正方法)について

8月18日、Googleは非常に大きな影響を与える可能性のある
サーチアップデート
を製品アップデートフィードに追加しました。 Googleは、この新しいアルゴリズムの変更により、主にSEO目的で書かれたコンテンツをSERPの上位から駆逐することを目指し、「Helpful Content」アップデートと名づけました。 さらに、今回のアップデートでは、個々のコンテンツに対する評価に基づいて、個々のページだけでなく、ウェブサイト全体に影響を与えるように調整されました。 簡単に言うと、コンテンツ制作のレベルアップの時期です。 どのように、そして何が更新されたアルゴリズムへのレッドフラグになるのか、不思議に思っていませんか? ぜひ、読んでみてください。

Helpful Contentのアップデートを簡単に説明すると

まず最初に、アルゴリズム更新の範囲に磨きをかけましょう。 Googleは、来週から、Helpful Content(HC)の変更に基づき、Webサイトのランキングに影響を与え始めると発表しました。 今回のアップデートの主な目的は、検索ユーザーのユーザーエクスペリエンスを全面的に向上させることです。 これ自体は立派な目標ですが、今後のSEO戦略の大部分に影響を与える可能性があります。 SEOのコピーライターが書いたページは、キーワードを入れることだけに集中し、(通常)読みやすさを最重視しないので、もう時代遅れです。 しかし、それだけではありません…。

SEO対策でお困りの方へ

かつて、ほとんどの(小規模の)Googleアップデートは、個々のページにペナルティを与えることを目的としていました。 もちろん、ページスコアが低いと、最終的には全体のドメインオーソリティにも影響を与えますが、それはわずかなものです。 一方、HCアップデートは、低品質なコンテンツを持つ特定のページのランキングに影響を与えるだけでなく、ウェブサイト全体をSERP地獄に陥れる力を持つ(と言われている)。

このような対策は、より曖昧なキーワードやコンテンツ戦略で、グレーハットやブラックハットのSEOを試すことを大きく抑制するものであり、確実にインパクトを与えるものであると言えます。 このようなペナルティは、オーガニック・グロース・ロードマップを数ヶ月遅らせる可能性があります。 そのため、これからはキーワードを取り込むだけでなく、オリジナルで質の高いコンテンツを作成し、訪問者に付加価値を提供することが重要です。 でも、ニールス、どうやって行くんだ」という声が聞こえてきそうですが……。

Googleではなく、訪問者のためのコンテンツ作り

率直に言って、オーガニックトラフィックの水門を閉ざし、検索結果であなたのウェブサイトが完全に沈んでしまうのを防ぐには、迅速な対応が必要でしょう。 しかし、すべてのウェブサイトを同時にスキャンすることは不可能であり、クローラーボットが新しいアルゴリズムの基準ですべてのインデックスを再作成するには時間がかかるため、迅速の定義はかなり流動的である。

しかし、キーワードの詰め込みや重複コンテンツなど、簡単に発見できるSEO上のミスや、本物とは思えないコンテンツ、人間が書いたとさえ思えないコンテンツには、Googleは厳しく対処してくるというのが実情です。 Googleのために作るのではなく、エンドユーザーのために作ることで、Webサイトのリスクを大幅に軽減するためのポイントを解説していきます。

量より質

以前は、ほとんどのSEO担当者(私も含めて)は、新しいページを立ち上げ、運営すること、そして最も重要なこととして、Googleにインデックスさせることに集中していました。 その後、細かい調整と最適化が行われることになります。 このような場合、必要な内部リンクを追加するだけでなく、コンテンツの専門家にじっくりと見てもらうことで、ページの読みやすさを向上させることにも注力します。

このプロセスを変えなければならないのです。 これからは、ページをアップすることよりも、まずエンドユーザーにとって付加価値のある質の高いコンテンツを作り、ページをアップしてインデックスさせることに重点を置かなければならないのです。 AIで生成された劣悪なコンテンツは、もう通用しないのです。 量より質にこだわらなければならないのです。 これは、専門家が書くのに参加したほうがいいということになるのですが…。

専門家が語る

コピーライターは、コンテンツマーケティング業界の屋台骨です。 ウェブページ、セールスページ、製品ページなど、すべてのページで優れたコンテンツを書くこと。 でも、ほんの少し、足りないかもしれないものがあるんです。 コピーライターの多くは、様々な企業のコピーに携わっているため、特定のマーケットニッチに特化することはできません。 そこで活躍するのが、専門家です。 これからは、その仕事を実行する人、少なくとも膨大な知識を持っている人に話してもらうことが、世界を変えていくことになるのです。

Googleは、ユーザーの検索意図を最大限に満足させるように書かれたコンテンツを高く評価します。 そのニーズを満たす可能性が高いのは、社内で最も知識が豊富なエキスパートたちです。 誤解しないでいただきたいのは、山頂から戯れるように文章を流すためには、コピーライターも必要かもしれませんが、インプットはその流れの湧き水から直接行うべきなんです。

作家プロフィール

Googleにスペシャリストを認知してもらうための一つの方法として、Webサイト上に著者プロフィールを掲載することが挙げられます。 このプロフィールには、なぜ彼らが注目されているのかという背景はもちろん、彼らが寄稿したすべての記事やページのコンテンツ・ハブとして機能する必要があります。 その結果、Googleの目に留まり、より高いオーソリティと関連性のスコアが提供されることになります。 これは彼らのエゴであり、正直なところ良いことかもしれませんが、最も重要な結果は、あなたのページの関連性と権威がそれに応じて上昇することです。

Googleのヘルプフルコンテンツアップデートにどう取り組むか(中略)

  • キーワードを詰め込んだり、文章を曲げたりするロボットではなく、人間のように書く。
  • 検索意図とコンテンツの関連性を重視する。
  • 量より質に目を向けよう。
  • 専門家を台座に乗せ、その知識で仕事をさせる。
Corporate Marketing Manager | Seeders Group

Niels Krikke is the Corporate Marketing Manager for Seeders Group, managing all marketing and communication efforts for all Seeders offices across the globe. Niels’s specializations include branding, copywriting & SEO.